« 2008年9月8日 | トップページ | 2008年10月27日 »

2008年9月23日

鞍馬山の夏

鞍馬山に行く。

三度目の鞍馬山。

何か始める前、決断する前、新しいパワーがほしくなるとつい足が向いてしまう。

朝早いせいか鞍馬山に行くまでの電車 二軒茶屋あたりから

山から立ち昇る霧が、幻想的に空に登り出す。

霧なのか雲なのか境界線が判らない空中で二度と同じ形に

ならない神秘的な絵をみせてくれる。

私には、心静かに、深い呼吸を楽しめる場所。

二ヶ月前に来た時と空気も光も、自然が放つ色も明らかに変わり

日本の季節の素晴らしさ 毎回楽しませてくれる贅沢なひとつの場所だ。

木漏れ日が優しくなって穏やかに。

Cimg2411

068

登れば登るほど宮崎駿さんの「もののけ姫」にでてくる

妖精に出逢えても不思議でない所。

写真にうまく収められなかったがクリオネの様な

小さな天使の花をつけた山野草が何ともいえない。

075

そしてここにある木、彫り物、仏像が私を魅了する。

霊宝殿の三階におられる毘沙門天の像を見たとき

鳥肌がたった。

よく国宝の恐いお顔の毘沙門天しか本などで見たことなかったもので・・・

通ってしまう理由のひとつ。

一目惚れ。

Cimg2168

Cimg2205

いつも毘沙門天に逢って満足してUタウンしてかえるのだが、

今回は少し時間があったので木の根道を通り貴船まで歩くことにした。

「木の根道」

岩盤が固く地下に根を張れない杉の根見事にアラベスク模様を

描く。

生の強さを見た。

019

064

067  

もうすぐ始まるクリパルでの一ヶ月。

私の大きな財産になって帰ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月8日 | トップページ | 2008年10月27日 »