« 自己紹介 | トップページ | 11月のヨガレッスン »

ヨガティーチャートレーニング3週目

コベヨガスタジオでティーチャートレーニングが始まり3週目。http://www.kobeyoga.jp/2009/10/80hour-creation-course.html

皆、とても熱く真剣なまなざしから私もパワーをもらっている。
3週目。後半 プラーナヤマ。 呼吸について。

初めて、自分がすることと伝える事のちがいに皆、戸惑いながらも心集中shine
失敗、ぎこちなさは最初から恐がらずに。を頭において。
みんな輝いてる。shine
同じ呼吸法でも経験者、初めての人とで体感はひとそれぞれ。

心静まるはずの呼吸法が、落ち着かないのはなぜ? しっくりこないのはなぜ?
自分の頭で理解してるつもりが違うこと起きると不安や疑問に心素直に戸惑うのは
日常生活と同じ。
そのやり方、その形にとらわれすぎると、アサナでもそうだが、呼吸どころではなくなる。
今ここにいる心の状態、そこにいる自分の在り方を少し客観的に観てみる。
その距離感で呼吸の流れ、身体の中のスペースの味わい方がかわる。
今腑に落ちないことに真剣な分、人はおちつかない。
慣れない事で脳の刺激も違う。
「焦らないで。急がなくていい」と最後首を傾げてこられた生徒さんに何度か。
(???)  どこかで聴いた言葉。

おぅ。sweat02 自分も散々 最初言われ続けてたことだよ・・・

その当時 ? 焦ってない・・・ただ今を大切にしたい。
この先わからないから今知りたい!  ・・・と。

私も、質問に出来るだけ!何とか答えたい!を真剣な強い目で見詰められ
そう思っている自分に気づき、途中から少々反省。
(わたしゃ おこがましか~sweat02

そもそも生きていれば答えがでないことの方が多いかも。
わかったと思ったらまったく間逆だったり。
一寸先は☆typhoon。 相対的な世界。
ヨガ。
今私が出来る事、大切な事は、皆の求める答えに近い安心する言葉を渡す事より
傍にいても見守る事。
私が納得させることではない。
その人に起きてる事と又人それぞれ違うのが当たり前。
それを大切にするのがヨガ。
「答えがないところにいる強さ。そこにいる自分を見守る優しさを育んでくれるのが
ヨガだ。」と教わった私の大切な言葉。

私がヨガを続ける、つづけたいと何度も思い出す大きな言葉。

私も皆と一緒に前へ歩いてる。

|

« 自己紹介 | トップページ | 11月のヨガレッスン »

レギュラーのヨガ教室はこちら」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1096591/31885612

この記事へのトラックバック一覧です: ヨガティーチャートレーニング3週目:

« 自己紹介 | トップページ | 11月のヨガレッスン »