« 2010年10月1日 | トップページ | 2010年10月9日 »

2010年10月7日

大切な旅人の友たち。

何人かの大切な旅人の友がいる。
時々、共に時間をすごせる事、貴重にしている。
しっかり仕事を短期間でこなし、時期がくれば島をでていく友。
愛する人ができればお金を貯めて、そのもとにいく友。
風のまま自分を強く信じ世界をまわり、たまに羽をやすめに日本に戻る友。
自分では気づいていないが周りを和ませ、エネルギーを与えながら、島を枠にしない友。

島国に生まれ、育った固定概念など縛られることなく・・・。
よいとか、わるいとか、こうあるべきとか、こうあるべきでないとか、
心、外から植えつけられる概念、社会ずけ条件など、弁護するもの必要とせず
自分の力ですり抜けていく旅人達。

先週、その中の二人と共にいられた。
たわいない話。
旅でのひとこまなど。
今だから笑える事、3人でお腹かかえて笑ったり。
続く、しみじみ、静かな時間、間なども心地よかったり。、
時々一人が遠くをみるのを気づかない振りして見守ったり。

よくあること。
お茶と(いっぷくと)座る。
フランクで、壁を感じさせない彼らの周りの人達は、すぐに和み、その空気を楽しむ。

興味からだいたい相手は肩書きをききたがる。
自然な事かもしれないが・・・。

ときに旅人にきく人も多い。
これからどうするの?
この先考えてるの?

きいて何を納得したい。

大丈夫。
旅人達は自分の答えはもっている。

人は納得したがる。
安心したい。
居場所をしりたがる。
そこから目線をきめたいんだ・・・。

自分にもよくあてはまる。
そして思う。
大丈夫。
確かに皆、私、今を生きていると。

一昨日二人と駅でわかれた。
さびしくはない。

別れ際、必ずそう思わせてくれる凄い二人。

ありがとう。いつも出逢いに感謝shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月1日 | トップページ | 2010年10月9日 »