« 2011年2月9日 | トップページ | 2011年2月19日 »

2011年2月10日

A Precious Human Life

時間の流れがいやになってしまうとき。
流れが思うようにすすまない。
自分がつめたく感じるとき。
元気が・・・
季節の変わり目が%&#$・・・
・・・なんていう日。
勿論あります。
エゴの渦に呑まれそうなとき、
大きな大きな、あたたかい雲に包まれる言葉がある。
とても大きな場所。
ちっちゃい、ちっちゃい自分を深い大きな塊に埋もれる気がするのだ。

ダライラマのお言葉。
インド・ダラムシャラで眼に入ってきた文のひとつ。

A PRECIOUS HUMAN LIFE
“EVERY DAY, THINK AS YOU WAKE UP,
TO DAY I AM FORTUNATE TO HAVE WOKEN UP,
I AM ALIVE , I HAVE A PRECIOUS HUMAN LIFE,
I AM NOT GOING TO WASTE IT.
I AM GOING TO USE
ALL MY ENERGIES TO DEVELOP MY SELF.
TO EXPAND MY HEART OUT TO OTHERS:
TO ACHIEVE ENLIGHTENMENT FOR
THE BENEFIT OF ALL BEINGS.
I AM GOING TO HAVE KIND
THOUGHTS TO WARDS OTHERS.
I AM NOT GOING TO GET ANGRY,
OR THINK BADLY ABOUT OTHERS.
I AM GOING TO BENEFIT OTHERS
AS MUCH AS I CAN.”

H.H. The 14 Dalai Lama

日本語に訳すと少しイメージ変わりますが・・・。
自身のニュアンスで充分で。

尊い人生
毎日、あなたが目覚めるとき、考えてほしい。
「今日も目覚めことができて、幸せだ。
私は生きている、私には尊い人生がある。」ということを。
「だから、それを無駄にしないようにと。
自分の持つすべてのエネルギーを、自分を向上させるために
使おう。」と。
「そう、心を広く開こう。
すなわち、生あるすべてのもののたすけのために悟りを開こう。
他人には寛大な気持ちで接しよう。
怒ったり、他人をひどく思ったりはしないようにしよう。
できる限り、人のために尽くそう。」と。

ダライ・ラマ14世

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月9日 | トップページ | 2011年2月19日 »