« 2011年7月2日 | トップページ | 2011年7月5日 »

2011年7月3日

銭湯

昨夜、京都の銭湯に行く。

Bath_2 

お風呂屋さんはとても好きで、機会があればよく行く。
昨日も前から気になっていたいつも泊まる宿の近くの昔ながらの銭湯。
暖簾をくぐると番台のおばちゃん「いらっしゃい」

TVみたまま、(新顔かい?)の気配がいい。

靴箱、木の札の鍵。
天井の高さや古いタイルばり、鏡がとても清潔にしている。

22時すぎてたが6,7人の地元らしいお客さんがMYマットを引いて
そこでゴシゴシ洗っている。

ハ~と力が抜け、私もゆっくり入ることにした。

2,3人入っていっぱいの湯船が4つ。

コラーゲン風呂とかいた真っ紫の湯、ジャグジー、電気風呂、そして水風呂。

固定したシャワーからチョロチョロ、
手元の赤(熱湯)、青(水)の蛇口押すと、ドバー!の出かたが極端だ。

体を洗い、湯加減はと、まず体に染まりそうな紫の湯に手を。



「あっ!(つ~~!)」

思わず声が出そうになる。

一人入っているおばあちゃん。
すましている。

もう一回、そろ~・・・と。

(あじっ!)

何回手を入れても顔と手がモロに反応してる私をみて
その湯につかっているおばあちゃん、
にゃっとされ、又すっとすました。

やりおる。
このばあちゃん。

隣のジャグジーも同じ。
しかたなく苦手な電気風呂はと・・・。

これがまた首筋がたった。

熱いわ、電気の威力は凄いわ、奥歯の銀歯がカッキーン!だ。

じゃぁ、いいよ・・・。と

サウナに向かう。

3人入っていっぱいの小さなサウナ。

入る。

(コッ!!)

いや、息を吸って(カっ!?)
 
吉本のゆば~ばのギャグの反応で体全体硬直する。
(表現力乏しくすみません)

期待通~りのあつさ。

ここの銭湯は全部、擬音語で説明するのは私だけだろうか・・・。

ここでもう一回。

わたしはお風呂、サウナが大好きだ。
いろいろ行っているほうだと思う。
草津温泉の源泉も楽しめるおなごである。

(でも・・・)

(やっぱり無理!)と木のとってをもったら(あ”)

暫く、手の火傷の感覚が消えない。
少しシュンとして、水風呂、首まで使ってた。・・・と
サウナ入るさっきと違うおばあちゃん。

出てこない・・・。

水風呂寒くなり脚だけ使って気にしていると、素~と
(取っ手を勿論押して)出てきた。

顔の表情は変わらない。

(すっ・・ごっ!)

一人で感動した。

それから2回ほど又懲りずに湯船入ろうとしたが無理だった・・・。

結局、水風呂で終わり、なぜかフラフラになりながら宿に帰って寝た。

体がとても緊張したせいか、肩が珍しくいたい・・・。

未熟者?根性なし?人とくらべてしまった・・・と久しぶりに
萎えた夜だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月2日 | トップページ | 2011年7月5日 »