« 2014年3月30日 | トップページ | 2014年4月14日 »

2014年4月6日

香川にプチ旅行

先週、初めて四国 香川県に行ってきた。

明石大橋を夕方高速バスで渡って2時間弱。

Photo

いつも明石から、神戸から観ている橋を渡るのは何年ぶりだろう・・・!とワクワクした。

橋から観えるいつもの夕日もとても新鮮におもえた。


いつも海の向こうにみえる淡路島も橋を渡ってそこにいれば、どでかい陸で地だった。


日が暮れ淡路の長い高速の道をバスで走ってると周りが暗すぎて今何処に自分はいるのかわからなくなる。

こんなに淡路は大きかった?長かったか~・・・(笑)と。


鳴門大橋を渡ると徳島からすぐに香川に入った。


そこからもすぐに高松。


次の日そのまま暖かい心地よい天候の中『栗林公園』、『金毘羅山』に行けた。

Photo_2

Photo_3

Photo_4


母の体調が抗がん剤をうつことで様態がかわる今、以前のように長く神戸を離れること、先の計画がたてられない中、抗がん剤が2週間延期になり行けたこのプチ旅行は複雑なおもいは消えないが気が晴れるとても大切な時間だった。

ゆったり、心地よく香川の少しはやい春をあじわった。

又ここ暫くは、旅好きな私もおもうようにいかないだろう・・・。

行ったところがない場所は頭が先に距離をつくる。

橋を渡る。島を海を渡る。バスで移動。一泊等・・・。


何処も行くとなれば移動の時間も実の体験、観るもの、感じるもの、あじわうものなど五感がフルにその時に居れる。

そして頭で先に体験、想像してたものがとても色褪せ、ときに消えるんだな~といつもすぎておもう。

旅、旅行以外、日常でもそうありたい。

1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月30日 | トップページ | 2014年4月14日 »