« 与えられた思い 〈2〉 | トップページ | yogaを始め、続けて。 »

「与えられた思い」 〈1〉

好きな文章

【与えられた思い】
             
沢山の故意によって、私達の心は曇っている。

自分の心の中はいつも一人だと思っているが

実は沢山の人の思いでいっぱいなのだ。


心はさまざまな社会づけ条件をうけている。

私達が考える概念、価値観の殆んどは本来自分のものではなかった。

誰かから与えられたものなのだ。


良いとか、悪いとか、こうあるべきとか、こうあるべきでないとか
これらの殆んどは周りの人達からいただいてきたものだ。


私達は概念や意見をもって生まれてきたのではない。
それは母親や父親、先生や仲間から与えられたものだ。
なのに、ある思いを長年いだいたままでいると
まるでそれは自分の考えだと信じ込んでしまう。

そして私達は自分の信じるあらゆる意見、考えを
まるで自分のもののように
弁護し正当化しはじめる。


そんな与えられた思いを捨てたとき
私達は初めて自分自身に戻れる。


私達の心は入ってくる情報を振るいにかけるフィルターのようなものだ。

そのフィルターで人生を良いとか、悪いとかよりわけることをやめたなら
私達はもっと純粋に在るがままの命の探求ができるだろう。

クリパル創始者  アムレット・デサイ


1_2


|

« 与えられた思い 〈2〉 | トップページ | yogaを始め、続けて。 »

心のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1096591/61210612

この記事へのトラックバック一覧です: 「与えられた思い」 〈1〉:

« 与えられた思い 〈2〉 | トップページ | yogaを始め、続けて。 »