日記・コラム・つぶやき

まだまだ・・・

理屈でない心の一瞬、動きと向かい合うことがあります。

いつからなんだろう。

あとづけが必要だなんて思いだしたのは・・・。

うそつく事を覚えたときからか。
自分を守ろうとはっきり思えたときからか。
人に説明しなければいけなくなったときからか・・・。

小学生の時から20歳位まで、間はあいたりしているが、
剣道を習っていた。

7歳の時、自分から習いたいと言ったみたい。・・

礼儀作法、裸足での練習はその当時、私には苦痛ではなかった。
相手の隙を見破って(^^)早く面!小手 打つのが単純に好きな
おてんばだった。
(不思議と 胴~!を打ちぬく時、すり足がスキップになり怒られた
記憶が・・・)

それが上級者になってくると、試合でなかなか打てない。

相手の隙がないから。

いえ。相手をみることばかり気がいき、自分のタイミングが読めなく
なってきたのかもしれない。

限られた試合時間で、竹刀の先を小さく揺れ動かし軸をもつ相手とは
息がとまる。
息を吐くと、そこにつかれそうで、試合後、身体は、たいして動かしてないのに
座り込み、暫く身体全部で、呼吸したのを覚えている。

それから随分たち、たまたま通りすがり、居合道を見る機会ががあった。

その時、真剣ををつかう練習をみせてもらい、いろんな思いを感じた。
(しませんよ^^)

居合は歳を重ねるごとに、剣を下ろせなくなる。
居合での相手は自分です。
若い頃は斬りたくて斬りたくてしかたがない。

でも歳を重ねると相手が自分含めいろいろなものになる。
そして斬れなくなる。
それで、いいんです。

と言われた。

人生は短く、ながそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お勧め

5月7日に以前、鑑賞し心揺さぶられた「地球交響曲第七番」 が
又大阪で上映されるらしい。
地球交響曲第七番 上映予定表

この映画「地球交響曲」では、地球上のあらゆる“いのち”が、
地球という大きな“いのち”を形作っている、母なる星・地球が
ひとつの大きな美しい生命体であるとして描かれています。
この地球環境を守る大切さを訴えかけている「母なる星・地球の映画」
です。

地球交響曲第七番 予告編

私はまだ3作しかみていませんが、いつもその作品の壮大でリアリティ
溢れる映像、大きな愛に感動します。
そして出演されてる人達、ナレーター、音楽、監督さんがとにかく素晴らしい!
人って凄いな~、温かいな・・・と。

是非機会をつくり、全作品、何度でもみたいと思う作品集です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祈ります。

被災地の皆様、ご家族の皆様、心よりお見舞い申し上げます。
そして、命を落とされた皆様、ご冥福をお祈りします。

一刻もはやく、心やすまるときを、
一刻もはやく、心、落ち着くときを祈っております。

学生の時、私は東北岩手で、厳しい寒さの中、
忍耐の大切さ、
必ず春はくること、
人の温かさをおしえていただきました。

今の心を言葉にすることがうまくできません。

心より祈ります。

どうかこれ以上、傷つきませんように。

どうかこれ以上、悲しみがうまれませんように。

皆、繋がっていることを忘れませんように。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逢いたいな~。

インドからハガキがきた。
「kyoko はやく又来い。」
英語で一行。
彼とは去年行ったインド、ダラムシャラで出会った。
街を一人で散歩していると上から笑い声。
見上げると水風船みないな何か落ちてきて、ピシャ!
突然でわけわからず、一瞬恐かった。
少し濡れた。
又見上げるとテラスに隠れる子供達。
クスクス笑っている。
私(・・・。)

危険でないとわかると、すぐ渇くだろうと、見逃した。

次の日、愚かにも又ひっかかった。

私(この~。)
「降りてきなさい!」と言っても笑い声が大きくなる。
私(絶対、又やるぞ!)と階段上がっていくと、逃げた。
追いかけた。
一人捕まえた。

「謝れ。」
「・・・」
腕を払いのけようと彼は必死で、ふくれっ面だ。
そして真っ直ぐ、睨んできた。

いい根性だ。
チベットの男の子達は聞かんし、とにかくヤンチャ!

暫く睨めっこが続いたが、まっすぐな眼と、にくたらしい可愛い表情に負けた。

「明日君の学校、案内してくれたら許す。」というと
(何言ってんだ!こいつ・・・)という顔、一瞬したが、なんとか交渉成立。

そしてあまり、言葉交わさないが、いつのまにか友だちとなった・・・。

見てください。この顔!

Cimg4854

逢いたいな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

halo

20112_104

昨晩、月の周りに大きなリングができていた。
たまに、満月前後の明るい月のまわりに大きな光の輪が見える
「月のかさ」、「月暈(つきがさ、げつうん)」などと呼ばれる現象だそうです。

ひととき、あまりの美しさに寒さも忘れてみいってしまいした。

私の腕ではまったくその絵はとれなくとても残念。
でもリアルにこの眼でみれた感動は、生きてる証。
(H.Pで綺麗な写真おかりすれば )
http://mo.atz.jp/chisiki/ring/index.htm

月は優しいね。
かわらないものはない。
そして源は同じと、静かにいつも教えてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A Precious Human Life

時間の流れがいやになってしまうとき。
流れが思うようにすすまない。
自分がつめたく感じるとき。
元気が・・・
季節の変わり目が%&#$・・・
・・・なんていう日。
勿論あります。
エゴの渦に呑まれそうなとき、
大きな大きな、あたたかい雲に包まれる言葉がある。
とても大きな場所。
ちっちゃい、ちっちゃい自分を深い大きな塊に埋もれる気がするのだ。

ダライラマのお言葉。
インド・ダラムシャラで眼に入ってきた文のひとつ。

A PRECIOUS HUMAN LIFE
“EVERY DAY, THINK AS YOU WAKE UP,
TO DAY I AM FORTUNATE TO HAVE WOKEN UP,
I AM ALIVE , I HAVE A PRECIOUS HUMAN LIFE,
I AM NOT GOING TO WASTE IT.
I AM GOING TO USE
ALL MY ENERGIES TO DEVELOP MY SELF.
TO EXPAND MY HEART OUT TO OTHERS:
TO ACHIEVE ENLIGHTENMENT FOR
THE BENEFIT OF ALL BEINGS.
I AM GOING TO HAVE KIND
THOUGHTS TO WARDS OTHERS.
I AM NOT GOING TO GET ANGRY,
OR THINK BADLY ABOUT OTHERS.
I AM GOING TO BENEFIT OTHERS
AS MUCH AS I CAN.”

H.H. The 14 Dalai Lama

日本語に訳すと少しイメージ変わりますが・・・。
自身のニュアンスで充分で。

尊い人生
毎日、あなたが目覚めるとき、考えてほしい。
「今日も目覚めことができて、幸せだ。
私は生きている、私には尊い人生がある。」ということを。
「だから、それを無駄にしないようにと。
自分の持つすべてのエネルギーを、自分を向上させるために
使おう。」と。
「そう、心を広く開こう。
すなわち、生あるすべてのもののたすけのために悟りを開こう。
他人には寛大な気持ちで接しよう。
怒ったり、他人をひどく思ったりはしないようにしよう。
できる限り、人のために尽くそう。」と。

ダライ・ラマ14世

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余韻がまだ心地よい

1月16日、明石のクリパル入門 ToshiさんのW・S 無事終わりました。
終わった今、一言でいえない思いが自分の中で広がり、自分自身が温かい。

地方の明石に、初めてToshiさん、来ていただくこと決まり、準備、
そして私・みわちゃんのブログにアップとどうじに、すぐキャンセル待ちになって
しまった勢い。

私がクリパルティーチャーになって、ひとつの目標でもあった、このことが現実となり
そしてまた、ここから繋がってはじまっていくと実感。

生徒さん達のピュアで真剣な眼差し。
身体を動かしている時のみんなの呼吸、エネルギーの中、
私は今ここにみんなといる
と感じまくってしまい胸が熱くなりました。

生ってすごい。人間ってすごい。
スピリチャルなこと難しく考えなくても、思ったり、感じたり、身体を動かすことで
身体がジンジン、ドキドキ、熱くなったり・・・その体感が大きかろうと小さかろうと
確かなのだから。
それを感じることは心と身体が繋がってる何よりの証。
誰もが眼にはみえないエネルギー=プラーナ=気 をあじわっている。
生きてることをしっかり体感できるのだと。
そして人のおもいが温かいとその周りも自然と温かくなる。

いつもこのことを思い出させてくれる、Toshi先生。ヨガ。

今回、この時間もしっかりリアルにバシバシきましたよ!

W・Sの3時間はあっという間に過ぎました。
ふたりヨガからプレスポイントで自分の可能性の広がりを自身の身体で体験する。
意識の方向性を変えるだけで今までと違う体感など皆さんシンプルに
「はぁ~! おぉ~。」等の感想がいいなぁ~

20111_180

20111_181
20111ws

又 春にToshiさん明石にお呼びしたいと思います。
次回も楽しみにしていらして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々のこと

日々私達にはタイミングと選択がある。
タイミングが自分の思い通りなら、繋がったと喜び、合わないと自分の空さえも曇る。

選択も人により考える時間差がある。

それが直感、即 信じたものだったり、一呼吸必要だったり、過去の思い出の足止め、勢いだったり・・・。

なににしてもすべて意味がある。
佳い、悪いはない。

すべてそこに意味があり、自分の進む流れにはかわらない。
大切に、「そうなんだ」 と受け入れる、そして手放す、委ねる力があれば
また歩ける気がする。

遠回りは必要だから。
近道は先にみえたから。

そう思えた一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたは何を望みますか

一昨日から夜が明るく感じられる。
昨晩、明日の月の光が好きだ。
完全な姿でなく、どちらも向かう方向が決まってそこにある。

太陽も月も、同じ星に生きていれば、小さな時間差があっても、
繋がっている友も体感していると、線を繋げてくれる贅沢な力だ。
大きな自然の力は、遠慮なく、小さい私にも染みわたらせてくれる。

雨雲から時々見せる今日の月。
強さの中の優しさは本当に温かい。

強いだけでは狭く
優しいだけでは脆い。
すべてのバランスで平和になれる。

今年の春、「あなたは何を望む?」と旅路、一緒になったGamanとの会話。
私は下手な英語を理解してくれることが嬉しく、先、こうしたい、こうありたいと
言葉が多くなった。
そして、同じことを聞き返す。
Gamanは暫く車窓を見続け、答えた。
「balance and peace...」

あなたは何を望みますか。・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少しづつ。

私はすぐに泣く。

月をみても泣けるし、日が海に沈むのも、身体と別物みたいに冷たく
出そうでお腹に力いれる。

こないだも、姫路の仕事で山陽電車で心地よく揺れながら本に夢中になり

(おまえ 子供か~・・・)とつっこまれてもしかたがない状態になり・・・。

こまったものだ・・・。と思ってたが、振り返るとYOGAを知ってから、少しづつだ・・・。

緩めて泣ける。

わらえる。

考えたら以前は泣けなかった。

子供の時も。 大人になって人前で、よほどでなければ・・・。


これから急に寒くなる。

肩を固めて、実は自分をぎゅっとしがちな癖が出がちだ。

この時期、温もりなければ又同じ傾向になりがちだが、

少しでも温かく感じれることに敏感になろう・・・。

それで緩まり、泣いても笑ってもいいじゃないと思える。

特に人と眼と眼をみて話せる事、繋がれること。

とても温かく大切な今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)